住宅は人生最大の買物と言われ、高額なローンを組むことになります。住宅ローンを借りる場合の注意点や返済についてのコツを紹介しています。

高額な住宅ローンの借入れと借金返済について

高額な住宅ローンの利用と借金返済について

住宅ローンの計算

金融機関から借金をする理由にはいろいろあります。

個人がする借金の中で最も高額な借金になると言われているのが住宅ローンと呼ばれるローンです。

これは住宅を購入するための資金を金融機関から借金するというローンですが、借り入れ金額は数千万円を超える場合がほとんどです。

場合によっては億単位の借金になることもあります。


これだけの高額の借金なので、当然ながらすぐに返済することはできません。

そのため長期返済が基本となっていることに加えて、毎月の返済額は賃貸マンションの家賃かそれ以上くらいで設定されている場合が多いからです。

住宅の修繕費というのも自分で支払う必要が出てくるため、住宅ローンを含めた住宅維持費はかなり高額になることが想定されます。


借金返済ができなくなることで多いのも住宅ローンですが、どうしても毎月の返済額が大きいため収入が一時的に途絶えてしまう場合や余分な出費がある場合は住宅ローンの返済もかなり大変になります。

そうなると住宅ローンの借金返済ができなくなってくると住宅の差し押さえの可能性などが出てきます。

できるだけ借金返済ができないという状況は避けたいものです。


住宅ローンは高額なローンですが、金融機関側も高額な借金であることを認識しています。

借金返済の途中で一時的に借金が返済できないようなこともあると想定しているため、借金返済が出来なくなった場合は返済回数などを考慮してくれる場合が多くなっています。

困った時は、借入れをしている金融機関に相談してみましょう。

 

クレジットカード利用と住宅ローン審査との関わり

インテリアの画像

クレジットカード地獄という名称を耳にしたことがある人は少なくないと思います。

クレジットカードというのは商品を購入する場合やサービスを受ける際に必要な代金を、クレジットカード会社が立て替えてくれることによって後払いができるというカードサービスです。

ネットショップでの買い物やキャッシュレスで商品を購入することができるため、現金の持ち運びが不要になったというメリットなどがあります。

今では当たり前の存在で、多くの人がクレカを使って買物をしています。

そしてクレカ利用と住宅ローンの審査は大きく関係していることも知っておきましょう。

クレカによる返済履歴や返済トラブルは、住宅ローン審査落ちする理由となります。


このクレジットカードですが、クレジットカードが立て替えてくれている間はクレジットカードに対して借金をしているということになります。

クレジットカード会社に対しての支払いが遅延してしまう場合は借金返済が遅れたと言い換えることができます。

クレジットカードにおける借金返済は借金をしているという感覚が薄い場合が多いため、問題は深刻化するケースが多くなっています。


またクレジットカードを利用する場合は利用金額を一括で支払えない場合は分割返済することができるようになっています。

この時点で借金返済と同じ状態になり、通常の借金と同じくらいの金利か少し高めの金利で設定されている場合が多いです。

この金利の違いによって金銭的な負担はかなり大きくなります。


クレジットカードを利用する場合も借金返済の必要性があるということを認識して計画性を持って借り入れする必要があります。

クレジットカードで借金返済ができない場合もブラックリストに名前が入るので注意が必要です。

そうなると住宅ローン審査にも大きな悪影響を及ぼすこともお忘れなく!

 

返済期間は短く設定!

住宅ローンの返済を短く完済させるためには、まとめ払いという方法もあります。

頭金を多く積み立てて準備をしておくことでも期間を短くすることができます。

それはこれまでにも説明した通りです。

ですから、住宅を購入する場合はしっかりとした準備が重要なのです。

準備ができなければ、利用することもできません。

短く安く済ませるためにも頭金を積み立てて、まとめて支払える時はまとめて支払って、早い完済を目指しましょう。


しかし、支払っている本人が病気や事故で返済ができなくなってしまったら、どうなるのでしょうか。

その場合のために保険に加入することとなっています。

保険から残額を一気に支払われますので、家族が住宅ローンを背負うことはありません。

ただし、税金は発生しますので、気を付けてください。

納税を忘れますと、マイホームを手放すことになってしまいます。


ただ、最近は生前相続という形を取っている方もいますので、生前相続していれば相続税はかかりません。


こうして、住宅ローンや税金のことについて知っておけば短期間で完済することもでき、税金も遅れることなく納めることができるはずです。

それも生活をしていく中では必要なことですので、わからない場合は金融機関や税理士などから説明を受けてみましょう。

専門家に聞くことで対策に抜かりがないようにしてもらえればと思います。

短期間の完済が老後を自由にさせてくれると思いますので、準備段階からしっかりとしていきましょう。


【こちらの記事も読まれています】

住宅ローン借り換えの目安
住宅ローンの借り換えを検討している方が、借り換えメリットの出る目安を知りたくてググると下記のような目安をよく見ると思います。