住宅は人生最大の買物と言われ、高額なローンを組むことになります。住宅ローンを借りる場合の注意点や返済についてのコツを紹介しています。

高額な住宅ローンの借入れと借金返済について

住宅ローンの繰上げ返済も検討してみよう!

ボーナス時、退職後などまとめて支払うことができるのであれば、まとめて支払って住宅ローンの返済期間を短縮させましょう。

まとめて払う時の金利ですが、まとめて支払う分安くすることができますので、あとの支払いも楽になります。

ただ、まとめて支払う場合は利用している会社へ連絡をしなければなりませんので、連絡を忘れないようにしてください。

連絡をしてから、まとめ払いをしてください。

新居へ引っ越し

また、まとめ払いの場合、定年退職などのタイミングまで貯金をして、退職金と合わせて一気に行いますと完済できることになるかもしれません。

普段は自身の給料の中で支払いを行って、ある程度まとまったところでまとめて支払うことで返済期間の短縮とすぐに完済ができる可能性があります。

そうしますと、総支払額が最初よりも少なくなって、老後まで尾を引かない住宅ローンの返済になるのではないでしょうか。

それぞれで作戦を立てて、行いましょう。


そして、まとめて支払うことができるわけですが、まとめた期間分全く支払わなくてもいいというわけではありません。

おまとめ払い後の支払いを確認していただき、間違えることのないように注意をしてください。

もちろん、住宅ローンは最も高くて期間が長いローンではありますが、返済方法を工夫することで期間を縮めることができます。

完済した後の生活にゆとりが出るはずです。

そのゆとりを無駄にしないように、過ごしてもらいたいものです。