住宅は人生最大の買物と言われ、高額なローンを組むことになります。住宅ローンを借りる場合の注意点や返済についてのコツを紹介しています。

高額な住宅ローンの借入れと借金返済について

住宅ローンをシミュレーションで比較

住宅ローン

住宅ローンを借りる時は、シミュレーションで比較する人が多いと思います。

しかし、住宅ローンでは諸費用がかかるために、計算結果が人によって違ってくることがあります。

まず、変動金利か固定金利かという問題があります。

変動金利を選択する人は多いですが、変動金利は将来に金利が上昇するリスクがあるので、正確な値は出せません。

シミュレーションをして正確な値を出すなら固定金利です。

固定金利で計算をしても、人によって計算結果が異なることがあります。

この原因は、諸費用をどう計算するかにあります。


例えば、3000万円を35年で借りる場合について計算するとします。

諸費用は金融機関によって異なっており、20万円~120万円くらいの開きがあります。

ここで、とりあえず諸費用を別にして計算をしてしまうと、大きく計算結果が狂ってしまうことがあります。

A社では返済総額が3600万円、諸費用が20万円だったとします。

一方B社では返済総額が3500万円、諸費用が120万円だとします。

総額はどちらも3620万円ですので、どちらで借りても差はないと思ってしまいますが、実はそうではありません。

B社で借りた場合は、諸費用の120万円を契約時に一括で払う必要があります。

しかし、A社では諸費用は20万円ですので、100万円を手持ち金として残すことができます。

この100万円を頭金に入れた場合、大きく返済総額を減らせることになるでしょう。

頭金を100万円増やした場合、その100万円に35年間金利がかかり続けると考えると、160万円程度の節約効果が生まれることもあります。

住宅ローンのシミュレーションをするときは、諸費用もローンの中に組み入れることが大切です。